アットホーム株式会社

お問い合わせ

協賛活動

12/15 (土) より開催される世界初の移動式宇宙体感シアター 「SPACE BALL」に特別協賛します。

アットホームは、12 月15 日(土)から開催される、テレビ東京主催の「SPACE BALL(スペースボール)」に特別協賛します。

同イベントでは、世界初の移動式全天球シアターによって、全身が360度の映像と音楽に包み込まれ、リアルな宇宙空間を体験できます。スーパープラネタリウム「MEGASTAR」を開発したプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏や、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力による、最先端技術と最新衛星画像を駆使したプログラムです。会場は東京国際フォーラムのほか、大阪・名古屋・福岡などの各都市で順次開催を予定しています。

■「SPACE BALL」とは
「SPACE BALL」とは、最先端の技術を駆使した世界初の移動式全天球シアターです。直径約10 メートルの球形スクリーン内部に、ガラスでできたフローティングステージがあり、前後左右、上下…全身が果てなき星空と映像、立体音響に包まれます。開発プロデュースは、数々の“世界初”を生み出してきたプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏。世界に誇る「MEGASTAR」の最新機能「FUSION」と超高解像度映像がおりなす圧倒的な宇宙空間へお連れします。

■「SPACE BALL」基本概要
主催 : テレビ東京
開発プロデュース: 大平貴之(大平技研)
後援:文部科学省 内閣府宇宙戦略室
アドバイザー: 毛利衛(宇宙飛行士)
協力 : 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、日本経済新聞社
特別協力: 株式会社東京国際フォーラム
特別協賛:アットホーム株式会社

■東京会場の実施概要
【期間】2012年12月15日(土)~2013年1月27日(日)
10時00分~22時00分
※12月15日(土)のみ13時00分~22時00分
※2013年1月1日(火・祝)は休演
毎日36回上映 各回定員30名 10分プログラム 完全入替制

さらに詳細な情報は下記の特設WEBサイトにてご確認下さい。

■特設WEBサイト < spaceball.jp >
「SPACE BALL」サイトでは、このイベントに関する最新情報を随時アップ。ふんだんなVTRを通じて、「SPACE BALL」を知っていただくことができます。さらに、「大平貴之SPACE BALL開発日記」のコーナーでは、ミニVTR番組を随時更新。天才技術者のイベントにまつわる開発の日々を追います。また、「大江アナの宇宙ストリーム」コーナーでは、テレビ東京の大江麻理子アナウンサーが自身初となるUstream番組を担当。毎回、宇宙に関わるゲストを迎え、宇宙の話をまったり、じっくり展開していきます。チケットのご購入方法についても、こちらからご確認いただけます。

東京国際フォーラム設置イメージ

「SPACE BALL」内部イメージ

バックナンバー

ニュースリリース

  • お知らせ
  • 協賛活動
  • 市場動向
  • アンケート