新卒採用サイト

職種紹介アットホームの仕事

RM営業※RM=リレーションシップマーケティング/マネジメント

加盟店に対し、
Face to Faceの訪問で
課題解決を行う

RM営業の主な仕事

  • 1.訪問

    ファクトシート(図面)や「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」、「不動産情報サイト アットホーム」の広告など、多様な商材を扱い、担当するエリア内全ての加盟店さまの業務を総合的にご支援するのがRM営業のミッションです。Face to Faceの訪問で、加盟店一社一社と深い信頼関係を構築していきます。

  • 2.ヒアリング

    一方的に商品を売り込むのではなく、お客さまのお話をじっくり聴いて理解することが営業活動の第一歩。一口に「不動産業界」と言っても、賃貸仲介や売買仲介、不動産開発、マンション販売など多様な業態があります。どのような課題、目標をお持ちなのかをヒアリングし、お客さまのことを理解したうえで、業務課題(ニーズ)を洗い出していきます。

  • 3.提案・契約

    お客さまのニーズや課題に合わせて、課題解決や成果を出すための当社サービス・商品導入をご提案します。契約いただいた後も、お客さまのその後の状況などをヒアリングし、さらなる成果を出すための提案を行います。お客さまとの関係が深まれば深まるほど、提案の幅が広がっていきます。

  • 4.製作・納品・フォロー

    契約後は、ファクトシートやWebサイトに掲載する情報の確認や製作部門への製作指示、ITツールの導入手配を行います。サービス・商品導入後は反響について報告・ヒアリングをし、改善提案や他商材の活用提案をしていきます。何かお困りのことがあったときにすぐにお力になれるよう、ご利用がなくても定期的に訪問してお話を伺います。

一日のスケジュール

8:30

出社メールチェックおよび当日のスケジュールの確認。

9:00

朝礼営業所やチームで取り組む強化商品や連絡事項について共有します。

9:20

事例共有注力商品を受注できた成功事例についてチーム内で情報共有を行います。

9:50

営業所出発社用車で、加盟店さまの元へ向かいます。

11:00

加盟店訪問加盟店さまへ訪問、最近の状況をヒアリング。ファクトシートの出稿提案を行います。

12:30

ランチ担当エリアの人気店に足を運ぶランチタイムは営業中の楽しみの一つ。

14:00

加盟店訪問午後の加盟店さま訪問を開始。RM営業の活動では、1日60社程度を訪問します。
ITサービスやキャンペーン商品などの強化商品を提案します。

15:00

受注提案商品提案済みの加盟店さまに詳細資料を改めてお持ちし、受注に向けた活動を行います。

17:00

帰社・デスクワークご依頼いただいたファクトシートの製作手配や、翌日以降の営業資料を作成。

19:00

退社デスクワークが終了次第、活動報告を日報に入力し、退社。

Interviewを読む

大島 稜史

東京営業部
2016年入社

ITアソシエイト

ITサービス契約後の
導入・運用支援などの
アフターフォローや
利用促進を行う

ITアソシエイトの主な仕事

  • 1.導入フォロー・操作説明

    「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」やホームページ作成ツール・賃貸管理システムなど、ITサービスを新規導入いただいたお客さまに対して、操作方法や機能の説明を行います。サービスの中には専門性が高い商品もあるため、お客さまごとの状況に応じて、最適な利用方法をお伝えします。また、一度説明して終わりではなく、利用方法が分からなくなったときなど、ご要望に応じて再度操作説明を行います。

  • 2.利用促進

    操作方法や機能をご説明するほか、お客さまが把握しきれていないサービスや使いこなせていない機能なども含め、お客さまごとのニーズに合った最適な利用方法を提案します。同じ説明を繰り返すのではなく、より効果的に活用していただくためのアドバイスを行います。サービスがリニューアルして新しい機能が追加されたときなどにも、訪問して操作説明を行っています。

  • 3.営業活動支援

    お客さまとのお話の中で新しいサービスやWeb広告に関するニーズが生まれた場合は、普段から担当する営業の方々に情報を共有することで次回以降のスムーズな提案につなげます。ときには、営業担当に同行し、ITアソシエイトとして営業とは異なる角度からオプションサービスの導入や新たな広告展開に関する提案を行うケースもあります。

  • 4.効果報告・改善提案

    Web広告や物件情報の公開などプロモーションサービスをご利用いただいているお客さまを訪問し、ページビュー(PV:閲覧数)や問合せ数などの反響、効果の報告を行います。効果が出ていない場合は、同じエリア内で掲載されている物件条件の傾向や価格動向を確認・分析したうえで改善点をアドバイスしたり、別サービスの提案を行います。

一日のスケジュール

8:40

出社スケジュールやメールの確認を行い、その日に必要な書類の準備などを行います。

9:00

朝礼営業所としての目標の共有や、キャンペーンの説明などが行われます。

10:30

移動・加盟店訪問加盟店さまを訪問し、新規で導入いただいたサービスの操作説明を行います。
RM・IT営業担当の訪問に同行するケースもあります。

12:00

ランチ外出先で昼食をとります。営業担当に同行する場合は一緒にランチをすることも。

13:00

アポイント移動の合間も加盟店さまの利用状況を確認し、翌日以降のアポイント連絡をします。

13:30

加盟店訪問・再操作説明担当者引継ぎのあった加盟店さまを訪問して、再度サービスの操作説明を行います。

15:00

利用促進訪問ご導入いただいているサービス・機能の利用度合いが高くない加盟店さまを訪問して活用のアドバイスを行うことで、利用促進につなげます。

17:00

帰社・翌日訪問の準備外出中の電話やメールの対応を行い、本日の訪問履歴を日報に入力します。
翌日のスケジュールを確認し、必要な資料を作成するなど訪問の準備をします。

18:00

定期ミーティング営業担当やITアソシエイトが集まり、お互いの活動報告や課題について話し合います。

18:30

退社

Interviewを読む

榊原 美咲

千葉・茨城営業部
2016年入社

営業サポート

営業所の円滑な
運営のための業務サポート
および加盟店フォローを行う

営業サポートの主な仕事

  • 1.営業担当のサポート

    営業担当をフォローし、円滑な営業所運営を実現することが営業サポートの役割です。例えば営業担当がお客さまに提供する資料の出力、当日公開になったファクトシート(図面)の仕分け、朝礼時に配る資料の準備などを行います。また、営業担当が外出中の時間は、ファクトシート配布の受注や見積りの作成、製作部への製作手配などを行うこともあります。

  • 2.電話対応

    ファクトシートや各種ITサービス、請求関連など、お客さまからの電話でのお問合せに一次対応するほか、ファクトシートの製作部など社内の各部門への連絡・対応も併せて行います。ITサービスに関するお問合せに関しては、お客さまのご利用状況を確認したうえで商品知識や顧客情報を踏まえた柔軟な対応が求められます。

  • 3.ITサービスの利用促進(架電)

    営業担当、ITアソシエイトと連携を取り、「ATBB(不動産業務総合支援サイト)」を中心としたITサービスの電話による利用促進活動を行います。物件情報を掲載されているお客さまへの掲載期限のお知らせや掲載延長の促進をメインに、新しい物件の公開促進、新たなサービスのご紹介など、社内でできる業務を営業サポートが担当することにより、営業担当が本来の提案業務に集中できる環境づくりを進めています。

  • 4.事務作業

    営業所運営にかかわるさまざまな事務作業を行います。営業データの集計、営業担当やITアソシエイトが使用した交通費などの経費の処理、経理部門への請求書発行依頼を中心とした社内経理業務、お客さまからの入金確認、営業実績の集計、オフィス用品の手配、社内便の仕分け、各種資料の出力、所内掲示物の作成など、営業所員が効率よく仕事をするための環境づくりに努めます。

一日のスケジュール

8:45

出社社内便の振分けや、朝礼や営業活動に使用する資料の出力と配布を行います。

9:00

朝礼営業所全員で連絡事項や、営業活動の進捗状況などを確認します。

9:30

事務作業前日に集金されたお金の集計や、営業担当が使用した営業経費の計算を行います。

10:00

ファクトシート製作手配・校正業務加盟店さまからファクトシート製作に関する要望を受け付け、製作部に製作指示を行います。
製作部から上がってきたファクトシートの校正業務を行います。

12:00

ランチ営業サポートの上司や先輩たちとランチ。

13:00

事務作業・顧客対応事務作業を行っている合間にも、随時加盟店さまからお問合せの電話が入ります。
加盟店さまからのファクトシート出稿の依頼やITサービスにかかわるお問合せなどに対応します。
その他営業担当からの頼まれごとなどは、営業担当が帰社する前に大体終わらせておきます。

14:00

ITサービスの利用促進活動加盟店さまへお電話をし、インターネット掲載終了が近づく物件のお知らせ、掲載延長の促進、物件公開の促進、ITサービスの紹介、入会後の操作フォローなどを行います。

15:30

加盟店フォローITアソシエイトと連携し、ご利用が進んでいない加盟店さまにフォローの電話を行います。

17:00

営業担当帰社・対応引継ぎ営業担当がオフィスに戻ってきたら加盟店さま対応を引き継ぎ、残った事務作業を行います。

18:00

退社

Interviewを読む

佐藤 仁美

北関東・信越営業部
2019年入社

サービス開発

不動産会社(toB)、
一般消費者(toC)向けの
商品・サービス・サイトの
企画・推進を行う

サービス開発の主な仕事

  • 1.企画書作成

    事業計画の戦略に沿ったサービス企画の開発、スケジュール、その実施方法などを検討します。ときには、私たちが立案したものが事業計画案件として実現することもあります。プロジェクトのスケジュールを立てた後は、具体的に何をやるべきか、どんな加盟店さまについて、どんな課題を解決したいかなどの概要を企画書に起こしていきます。

  • 2.ヒアリング

    概要を企画書にまとめ終わったら、数社のお客さまを実際に訪問し、ヒアリングを行います。内容はお客さまの業務フローや、業務における課題、私たちが検討している企画についてのフィードバックが中心です。お客さまへのヒアリングをもとに、私たちが企画した内容が実際の業務に合っているか、課題を解決できるかどうかについて検討します。

  • 3.開発の進捗管理

    開発はシステム開発部門が中心となって推進しますが、企画側も随時開発の進捗状況を確認し、デザインや機能の改善要望を出しながらサービスのリリースまでフォローします。お客さま、営業、システム開発、パートナー企業など、多くの関係者と密にコミュニケーションを取り合い、検討からヒアリングを何度も往復することで精度を上げ、より良いサービスをつくり上げていきます。

  • 4.サービスの運用

    システムメンテナンスなど、お客さまに対する連絡事項があればWebサイト上で告知を行います。また、加盟店さまの個別のご要望に応えるなど、加盟店さまがサービスを円滑に利用できるよう、運用を実施します。サービスに関する営業からの問合せに答え、サービスの担当者として現場をサポートすることも重要な役割です。

一日のスケジュール

8:45

出社メールや当日の予定を確認します。

9:00

朝礼グループメンバーの予定を確認し、伝達事項を共有します。

10:00

共有会議他社の状況や、最新のIT技術について情報共有を行います。

11:00

サービス改善要望集計営業部門から挙げられたサービス改善要望を確認し、実現の可否や改修プランを検討します。

12:00

ランチ他部署の同期と社外へランチに行きます。
同期と話しているとお互いの状況を知ることができ、仕事の励みになります。

14:00

企画書作成「駐車場情報を活性化させるには?」などのテーマに沿った企画の概要や進捗状況をまとめます。

16:00

企画会議新しいサービスについて議論します。
チームでブレーンストーミングをしながら、市場動向や消費者行動、業務上の利便性など、さまざまな角度からサービスのあるべき姿を見いだしていきます。

17:00

問合せ対応営業担当からの問合せに対応します。サービスに対して詳細な知識が必要となります。

18:30

退社

Interviewを読む

佐藤 茉歩

基幹サービス開発部
2015年入社

システム開発

社内エンジニアとして、
システムやサイトの
設計・開発・保守を行う

システム開発の主な仕事

  • 1.要件定義・打合せ

    社内のサービス開発(企画)部門とやりとりをして、開発するシステムの機能やデザインの詳細を決めていきます。対面の打合せだけでなく、チャットなどのコミュニケーションツールや電話でやりとりをすることもあります。実際にシステムを使う人の目線と、開発する側の目線で議論を重ね、より良いシステムができるように要件定義をします。

  • 2.設計・プログラミング

    要件定義で決めた内容をもとに、具体的にどのようにシステムを開発していくのか設計していきます。規模の大きなものは外部ベンダーと協力して開発を行います。 設計の後は、実際にC#やJavaといったプログラミング言語を使ってシステムをつくっていきます。開発メンバー同士で意見を出し合い、要件に沿ったシステムをつくれるように実装していきます。

  • 3.テスト・リリース

    作成したシステムが設計書通りになっているか、開発者自身がチェックをする「テスト」を行います。その後、サービス開発部門とシステムが要件通りになっているか確認するためのテストを実施。テストの中でバグや認識齟齬が見つかった場合には、私たちシステム開発側が修正していきます。システムの品質を守るために、テストは非常に大事な作業です。テストが完了して判定でOKが出ると、本番リリースとなります。

  • 4.運用・保守対応

    リリースを終えて実際にユーザーがシステムを使い始めた後も、不具合の修正や機能追加といった要望への対応があります。また、サービス開発部門からシステムの仕様に関する問合せを受けることもあります。リリースしたらそこで終わり、というわけではありません。システムを常に最善の状態で利用してもらうための運用・保守は続いていきます。

一日のスケジュール

8:45

出社

9:00

始業・グループ朝礼各メンバーの当日のスケジュールをグループ全体に共有します。

10:00

作業設計書作成、プログラミング、テスト、保守対応、資料作成など。

12:00

ランチ社内で同期と一緒に昼食をとります。たわいのない会話をしてリフレッシュ。

13:00

案件打合せ「本当に必要な機能なのか?」など、システムのユーザーである部署の担当者と話し合いながら、細かい仕様を精査していきます。

15:00

グループミーティング毎週1回開催。各チームの作業の進捗状況などを報告。

16:30

チーム夕会(ミーティング)朝礼と同じように、夕方にも各メンバーの仕事の状況を共有しています。チーム間の情報共有は頻繁に行っています。

17:00

作業作業の合間には、社内のコミュケーションツールをチェックして、最新の技術知識などのインプットを行うこともあります。

18:30

退社

Interviewを読む

酒井 雅浩

Bメディア開発グループ
2020年入社

データサイエンティスト

人工知能(AI)など先端技術の
当社サービスなどへの応用や
活用検討を行う

データサイエンティストの主な仕事

  • 1.情報収集

    人工知能(AI)などの先端技術を駆使した領域は、急速に発展しています。そのため先端技術を吸収していくために情報収集は欠かせません。日本だけでなく世界中の企業や学術機関が発表する論文や資料を精査し、当社の技術に生かせる情報を積極的に収集しています。多くの資料や論文が英語で書かれているため、語学力も鍛えられます。

  • 2.先端技術の応用検討お客さま業務の効率化を図る

    データ分析の手法は、人工知能(AI)によって劇的に進化しています。例えば、これまで人の目で何の画像かを判別・選択し登録していたフローを、高い精度で自動化する画像処理技術など、その応用の可能性が広がっています。先端技術の応用検討をすることで、お客さまがこれまで担っていたフローを簡略化し、技術の力で付加価値の創造に貢献しています。

  • 3.先端技術の応用検討内部業務の効率化を図る

    当社では先端技術の研究を複数同時に行っています。お客さまの支援につながる技術だけでなく、内部業務においてもその応用範囲は広がっています。「不動産情報サイト アットホーム」でも、これまで目視で確認・除外していたプライバシー侵害にあたる個人の顔や車のナンバープレートが写り込んだ写真を、AIによって自動検出・処理するシステムの運用を行っています。

  • 4.ディスカッション

    当社では技術力の向上や自社ビジネス・各種ITサービスへのスピーディーな最新技術導入を目的とし、産学連携でAI技術の研究を進めています。月に一度のペースで大学の研究室を訪問し、お互いの研究成果や情報、各種データの共有、さまざまな研究テーマに関するディスカッションを行っています。ユーザー部署とのすり合せや、社内の技術的な議論に加えて、大学側とコミュニケーションを取り合う機会も少なくありません。

一日のスケジュール

8:45

出社

9:00

始業

9:15

技術論文や資料の調査・読込みAIやディープラーニングに関する技術論文をチェックし、必要があれば読み込んでさらに関連情報を調べるなど、最新の技術情報をキャッチアップします。

11:00

課題の共有・解決のための打合せチームメンバーや社内の関係部門とプロジェクト進捗の確認を行います。
また、プロジェクトにおける現状の課題を共有し合い、解決方法に関して意見を交換します。

12:00

ランチチームメンバーやプロジェクト関係者とランチをします。

13:00

調査・実験・開発現在進行しているプロジェクトに関する各種調査・実験・開発を行います。

16:30

大学との打合せのための資料作成AI技術の共同研究を進めている大学とのミーティング・ディスカッションに向け、研究成果や各種データをまとめた資料を作成します。

17:30

プロジェクト進捗の確認・翌日の準備チーム内で各自の業務やプロジェクトの進捗を確認し、翌日に行う業務の準備をします。
また、新たな課題や問題が発生している場合は、解決のためにミーティングや打合せを行うこともあります。

18:30

退社

Interviewを読む

門 洋一

アットホームラボ株式会社
アドバンストテクノロジー部 次長
2017年中途入社