recruiting site

職種紹介
interview
システム開発

日々新しい技術を吸収する
充実感を感じながら、
エンジニアとして成長を続ける。

アットホームに入社を決めた理由

就職活動を始めた頃は営業職を志望していましたが、いろいろな業界を研究していく中でIT業界に興味を持ちました。Webアプリケーションや新しいサービスを自分で手がけてみたいという思いが強くなり、エンジニアという職種も選択肢に入れるようになりました。アットホームを知ったきっかけは、学生時代にアルバイトをしていた不動産会社での経験です。業務支援サービスを利用した際に、サービス提供元のアットホームが気になり調べてみると、紙の図面を配布するサービスから始まり、その後も変化していく時代に適応しながら、今では不動産会社向けWebアプリケーションを始めとしたさまざまなサービスを提供している、その変化の歴史をとても面白いと感じました。会社説明会の中で情報システム部の方からいただいた「きちんとしたエンジニアに育てる」という言葉に惹かれ、成長できる環境に期待し入社を決意しました。

西川 譲Yuzuru Nishikawa

情報システム部
2019年入社
※所属部署は撮影当時のものです。

仕事風景

未経験に近い状態で入社したと聞きました

大学は法学部でした。そのため、プログラミングを含む情報分野を専門的に学んでいたわけではありません。興味はあったので、独学で勉強してはいましたが、あくまで基礎を学ぶ程度でした。私を含め同期の半数以上が文系出身で未経験でしたが、入社時にはプログラミングの基礎から応用的な知識まで研修していただきました。研修で得た知識を生かせていると実感したのは、配属後に担当したシステムの一部機能修正でした。システムの構造把握や複雑な処理の解読ができるようになったと感じました。それでも機能の修正を任されても、どこをどのように修正すればいいのか、見当すらつかず行き詰まることもありました。そのときは周りの先輩方にコツを聞きながら少しずつ経験を重ねることで、自分なりに大規模システムの全体像を理解し、部分的な機能の改修などに携わりながら関わる範囲を広げることができました。

とても重要なシステムの開発に携わっているそうですね

情報システム部の中でも、私が所属しているグループは、加盟店さまの顧客情報や契約情報を登録・管理する社内向けシステムの開発・運用・保守業務を担当しています。このシステムに不具合が発生してしまうと、加盟店さまが業務支援サービスにログインできなくなったり、新規の加盟店登録ができなくなったりしてしまいます。広範囲に影響を及ぼすシステムのため、堅牢なシステムを維持するよう、日々取り組んでいます。入社前は、BtoBやBtoCのシステムを担当する方がユーザーの声を聞きやすいと思っていたのですが、逆に社内向けシステムの方がユーザーである営業や企画の部署と密に連携を取っているため、直接声を聞くことができます。自分が携わったシステムによって、アットホームの社員、そして加盟店さまや住まい探しをする消費者を助けることにつながる、やりがいの大きな仕事だと思っています。

仕事風景

開発時に大切にしていることはありますか?

今、一番大切にしていることは「誰にとっても分かりやすいプログラムを開発すること」です。既存のシステムを改修していると、先輩方の工夫をコードから垣間見ることができます。新しく私が書き加えることで分かりづらい状態になってしまったら、いずれ他のメンバーが改修するときにプログラムの解読に時間がかかり生産性が下がってしまいますし、何より先輩方の試行錯誤を無駄にすることになります。コードの書き方にも一人ひとり個性があり、100%正解の書き方が存在しないため「誰にでも」を実現することはなかなか難しいですが、追求する意義は大きいと感じています。

この仕事の面白さはどんなところにあると思いますか?

新しい話題や知識が尽きないところにあると思います。とにかく飽きることがありません。「こんな方法もあるよ」と教えていただいたり、「もっと良い方法があるのでは?」と自分なりに調べて見つけた新しい技術やテクニックを、落とし込んだりしながら、新しい知識を吸収するたびに自身の成長を感じることができます。冒頭でお話した「きちんとしたエンジニアに育てる」という言葉の意味をようやく理解することができたのは、つい最近のことです。自分が書いたコードをしっかりレビューしてくださり、アドバイスをいただける、小さな困りごとにも真剣に対応していただけるなど、このような先輩たちに囲まれながら開発をしていく中で、「きちんとしたエンジニア」とは先輩方のようなエンジニアを指しているんだろうと感じることができました。アットホームでなければ、得られなかった充実感だと思います。

career vision

現在はプログラマーという立場ですが、要件定義などの上流工程に携わるシステムエンジニア、そしてプロジェクトを管轄しマネジメントを担うプロジェクトマネージャーを目指しています。経験を積む中で得た知見や技術を生かしながら開発を続け、さらに経験を積んでいきたいと思います。

職種紹介interview

職種紹介に戻る