調査データ

Data

調査データ市場動向

2021年8月 首都圏における「中古マンション」の価格動向

首都圏の中古マンション1戸あたり平均価格は3,386万円で、前月比+1.5%と上昇。8エリア全てで2カ月連続前年同月を上回る。東京23区、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県他、千葉県(西部/他)の6エリアが2017年1月以降最高額を更新。

調査データ市場動向

2021年8月 首都圏における「新築戸建」の価格動向

首都圏の新築戸建の平均価格は4,033万円で、前月比+0.1%と上昇。中心エリアの価格上昇が続き、東京23区、横浜市・川崎市、さいたま市、千葉県西部の4エリア全てで2017年1月以降最高額を更新。周辺エリアでは、東京都下、埼玉県他が過去最高額を更新。

調査データ市場動向

2021年8月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向

マンションの平均募集家賃は、東京23区と大阪市が2カ月連続、全面積帯で前年同月を下回る。大型ファミリー向きマンションは首都圏で上昇が目立ち、前年同月比上昇率トップ3はいずれも首都圏に。特に神奈川県は12カ月連続で10%超となった。 アパートは首都圏の上昇が目立ち、東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県が全面積帯で前年同月を上回る。カップル向きでは東京23区・千葉県が、ファミリー向きでは東京都下・神奈川県・千葉県が2015年1月以降最高値を更新した。

調査データトレンド調査

不動産のプロが選ぶ!「オンライン内見・重要事項説明で気を付けるポイント」ランキング

全国のアットホーム加盟店を対象に調査した、これからオンラインで住まいを探す人に参考にしてもらいたい、『不動産のプロが選ぶ!「オンライン内見・重要事項説明で気を付けるポイント」ランキング』を発表します。内見編・重要事項説明編1位「当日までにアプリやシステムなどの準備をしておく」

調査データトレンド調査

アットホーム人気の駅ランキング 札幌市編

「不動産情報サイト アットホーム」で賃貸居住用物件において、PV 数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 札幌市編」を発表します。総合1位・シングル1位 「北24条(きたにじゅうよじょう)」駅、カップル1位「麻生(あさぶ)」駅、ファミリー1 位「新札幌(しんさっぽろ)」駅。

調査データ市場動向

2021年7月 首都圏における「新築戸建」の価格動向

首都圏の新築戸建の平均価格は、前月比0.6%上昇の4,031万円と2カ月連続で4,000万円超え。全8エリアにおいて2カ月連続で前月比上昇。また6カ月連続で前年同月を上回るなど、全体的に価格上昇傾向が続く。東京都(23区/都下)、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県(さいたま市/他)、千葉県西部の7エリアで2017年1月以降最高額を更新。

調査データ市場動向

2021年7月 首都圏における「中古マンション」の価格動向

首都圏の中古マンション1戸あたり平均価格は3,335万円で、前月比+1.2%と上昇。前年同月比では8エリア全てで上昇。東京23区、神奈川県他、埼玉県(さいたま市/他)、千葉県西部の5エリアが2017年1月以降最高額を更新。

調査データ市場動向

2021年7月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向

マンションの平均募集家賃は、面積帯における傾向の違いが続く。シングル向きが全9エリア中6エリアで前年同月を下回る一方、大型ファミリー向きは6エリアで上回り、うち2エリア(神奈川県・埼玉県)が2015年1月以降最高値を更新。 アパートは首都圏で上昇が続き、東京都下・神奈川県・埼玉県・千葉県が全面積帯で前年同月を上回る。またカップル向きの上昇が目立ち、東京23区・神奈川県・千葉県で 過去最高値を更新した。

調査データ市場動向

2021年4~6月期 地場の不動産仲介業における景況感調査

首都圏・近畿圏の今期業況 DI は、賃貸・売買ともに回復傾向に足踏み感。賃貸では、調査対象 14 エリア中 4 エリアの上昇にとどまる。売買では、埼玉県・東京 23 区・大阪府・兵庫県を除く 10 エリアで上昇。

調査データトレンド調査

不動産のプロが選ぶ!「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」ランキング

2021年1月以降に賃貸居住用物件を探しているお客さまの接客を担当したことがある全国のアットホーム加盟店を対象に、『不動産のプロが選ぶ!「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」ランキング』を発表します。条件編1位「毎月の家賃を下げたい」、設備編1位「インターネット接続料無料」

次のページへ