調査データ市場動向

2022年4~6月期 地場の不動産仲介業における景況感調査

賃貸仲介の業況DIは、行動制限の緩和に伴い全般的に回復傾向。特に首都圏で順調。売買仲介の業況DIは、全14エリア中10エリアで前年同期比マイナス。住宅価格や資材の高騰も影響。首都圏では、賃貸の業況DIがコロナ禍前の20年I期以来9期ぶりに売買を上回った。

調査データ市場動向

2022年6月 首都圏における「新築戸建」の価格動向

首都圏の新築戸建の平均価格は4,365万円で、前月比+0.8%と上昇。8カ月連続して全8エリアが前年同月を上回り、上昇傾向が続く。8エリア全てで2017年1月以降最高額を更新。

調査データ市場動向

2022年6月 首都圏における「中古マンション」の価格動向

首都圏の中古マンション1戸あたり平均価格は3,766万円で、前月比+0.9%と上昇。12カ月連続して全8エリアが前年同月を上回り、上昇傾向が継続。8エリア全てで2017年1月以降最高額を更新。中でも、埼玉県(さいたま市/他)は、12カ月連続で最高額を更新。

調査データ市場動向

2022年6月 全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」募集家賃動向

マンションの平均募集家賃は、東京都下・埼玉県・千葉県・大阪市の4エリアが前月に続き全面積帯で前年同月を上回る。ファミリー向きマンションは全10エリアで前年同月を上回る。中でも、東京23区・神奈川県・埼玉県・仙台市・名古屋市の5エリアは2015年1月以降最高値を更新。アパートは、ファミリー向きが全エリアで前年同月を上回る。また、カップル向きは札幌市を除く9エリアで上昇し、東京都下・埼玉県・千葉県・名古屋市の4エリアでは2015年1月以降最高値を更新した。

調査データトレンド調査

物件購入・賃貸契約時に「不動産会社に求めること」に関する意識調査

2020年4月以降に、不動産会社を通して一戸建て・マンションを購入、または賃貸物件を契約した全国の19~59歳を対象に、問合せや契約、内見、アフターフォローなどの接客シーンにおいて、購入・賃貸とそれぞれ不動産会社に求めることについて調査を実施いたしました。

調査データ市場動向

2022年5月 首都圏における「新築戸建」の価格動向

首都圏の新築戸建の平均価格は4,329万円で、前月比+0.4%と上昇。7カ月連続して全8エリアが前年同月を上回り、上昇傾向が続く。東京都下、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県他、千葉県他の5エリアで2017年1月以降最高額を更新。横浜市・川崎市は初の5,000万円台に。

調査データ市場動向

2022年5月 首都圏における「中古マンション」の価格動向

首都圏の中古マンション1戸あたり平均価格は3,731万円で、前月比+0.7%と上昇。11カ月連続して全8エリアが前年同月を上回り、上昇傾向が継続。東京都(23区/都下)、神奈川県(横浜市・川崎市/他)、埼玉県(さいたま市/他)、千葉県西部の7エリアで2017年1月以降最高額を更新。東京都下は初の3,000万円台。

前のページへ 次のページへ